口臭とは、口内や吐く息によって出される悪臭です。自分に口臭があるとわかっているときなどには、自分に自信が持てなくなり、人間関係をうまく築けなくなったり、ひどくなると、対人恐怖症になることもあります。子供の場合は、口臭がいじめの原因になることもあります。 では、このような口臭を予防するには、どうすればいいのでしょうか?

口臭治療と予防

大事な予定があるときには、きちんと口臭予防をすることが大切です。
また、口臭がひどくなりやすいタイミングを知ることが、口臭予防につながります。
朝の口臭予防策としては、歯磨きを丁寧にしたり、朝食をきちんととることです。それは、朝食をとることで、唾液の分泌を促すからです。空腹時の口臭は強くなるので、ガムやあめなどを少しでも口にすることで、口臭予防になります。

歯槽膿漏など、口の中の病気があると、口臭がひどくなります。
口臭予防のためにも、歯医者さんには、定期的に診ていただきましょう。
人に会う前には、においのキツイものは食べないなど、気をつけることも大切です。
においのきついものでは、にんにくやにら、納豆、キムチなど、人と会う予定のないときに食べましょう。もし食べた後に、人と会うことになったら、歯磨きをしたり、ガムを噛むなどの対策も必要でしょう。
また、お酒やタバコも控えると、口臭予防には効果的です。

最近では、いろいろな口臭予防グッズが売られています。たとえば、舌磨きグッズや、口臭予防のガムや飴など、また、出かける前に口に含みうがいをする液体などもあるので、自分にあった、口臭予防グッズを使って、口臭予防をすることが大切です。そうすることが周りの人に対するマナーでもあり、良い人間関係を築くにも大切なことです。

審美歯科 ホワイトニング【デンタルサロンティーシーズ】


口臭を消す27の魔法のテクニック 【決定版口臭解消マニュアル 5分で息さわやか】


▲このページのトップへ